ホーム飲酒(ビール)の効用|食欲増進の効果

飲酒(ビール)の効用

食欲増進の効果

 ビールには、炭酸ガスや苦味のあるホップ成分が胃壁を刺激することより食欲増進効果があると言われています。実際にビールを飲んだ後、食事の摂取カロリー量が増加したという報告が複数あります(文献①文献②文献③)。

イラスト ビールを飲むと、胃でガストリンというホルモンの分泌が促進され、胃液の分泌は増加します(文献④)。この作用は、ビール、ワインにも認められますが、ウイスキーや単なるアルコール(エタノール)を飲んだ場合には、その作用がなかったという報告もあります(文献⑤)。

ビールの飲用が肥満の一因のように言われることがありますが、ビールのカロリーの多くはアルコール由来です。また、アルコールのカロリーは体に蓄積されにくいと言われています。

お酒を飲むときはバランスのよい食事を心がけ、食欲増進効果による食べすぎに注意しましょう。

文献①
"Stimulation of appetite by alcohol"
Hetherrington MM, Cameron F, Wallis DJ, and Pirie LM., Physiol Behav., 74(3), 283-9, 2001.
文献②
"Alcohol and a high-fat diet: a combination favoring overfeeding."
Tremblay A, Wouters E, Wenker M, St-Pierre S, Bouchard C, and Despres JP., Am J Clin Nutr., 62(3), 639-44, 1995.
文献③
The appetizing effect of an aperitif in overweight and normal-weight humans., Westerterp-Plantenga MS, Verwegen CR., Am J Clin Nutr., 69(2), 205-12, 1999.
文献④
"Action of beer and its ingredients on gastric acid secretion and release of gastrin in humans"
Singer MV, Teyssen S, and Eysselein VE, Gastroenterology, 101(4), 935-42, 1991.
文献⑤
"Beer and wine but not whisky and pure ethanol do stimulate release of gastrin in humans"
Singer MV, Eysselein V, and Goebell H., Digestion, 26(2), 73-9, 1983.

PAGE TOP