ホーム > 飲酒(ビール)の効用

飲酒(ビール)の効用

 ビールは、古代のバビロニアやエジプトでは神に捧げる神聖な飲み物であり、流行病の予防にも用いられました。また、エジプトでは「液体のパン」といわれ、中世ドイツでは、ビールスープにして、人々の栄養源となっていました。ビールは嗜好飲料ですが、単なる飲み物として飲まれてきたのではないことは、これらの例を見ても明らかです。

 家族や友人、あるいは職場の仲間との語らいの中でビールを飲むことは楽しいものです。ビールなどのお酒を飲むことは、人間関係を円滑にするとともに、ストレスを発散させ、我々の生活を豊かにしてくれます。

 ここでは、ビール酒造組合、酒類総研、大学での「アルコール機能に関する研究成果」、ビール酒造組合加盟社の「ビールの効能に関する研究成果」をご紹介します。

イラスト

ビール酒造組合共同研究結果

ビール酒造組合、酒類総研および大学でのアルコール機能に関する研究結果を公開していきます。

加盟社研究結果

ビール酒造組合に加盟している各社から、ビールの効能に関する研究成果を公開しています。

飲酒(ビール)の効用

PAGE TOP