ホーム > 「STOP!20歳未満飲酒」プロジェクト

「STOP!20歳未満飲酒」プロジェクト

「STOP! 20歳未満飲酒プロジェクト」について

適正飲酒の取り組み

 ビール酒造組合は、2005年10月1日より、未成年者の飲酒防止を目的としたキャンペーン「STOP!未成年者飲酒プロジェクト」をビール5社共同で開始しました。
 2018年12月1日より、未成年者の法律改正(2022年4月施行)に先駆け「STOP!20歳未満飲酒プロジェクト」と名称変更いたします。

 「STOP!20歳未満飲酒プロジェクト」は、当組合及び会員であるビール5社が、長年にわたり活動してきた20歳未満飲酒防止活動をさらに強化していくものです。近年、ますますアルコール関連問題についての関心が高まる中、シンボルマーク・スローガンを制作し、ビールメーカー5社が歩調を合わせてプロジェクトを推進しております。当組合としては、このプロジェクトを通じ、親や大人と一緒に20歳未満の飲酒防止の活動を展開しております。

「STOP!20歳未満飲酒プロジェクト」